<   2012年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧
「PC再生・メンテナンス相談コーナー」


d0291964_015583.jpg



平成24年7月/
PC再生・メンテナンス相談コーナー報告


Windows8 RP版の使用の感想も述べます。
日 時  7月24日 13:30-16:00 
場 所   中央公民館 PCサロン内

一 新規案件は8件
  「診断は必要でなく、解決に時間のかかる案件」が多いのが特徴でした。

二 相談内容

1件目 
  Vista PCでリカバリーディスクを作成して欲しいという相談
  (角田さんが担当)
  PC出荷時についてきたマニュアルの説明をみれば作成は難しくありません。
  VistaPCは発売後年月を経過していますから、システムファイルの修復にリカバリーディスクが欠かせま
  せん。システムに異常が起きてからは間に合わない場合もありますから、できるだけ早く作成しておくこと
  をお薦めします。
    
2件目 Windows8 評価版を入れていたがXPに戻したい。ところが、インストールが途中で止ま
  って失敗してしまうという相談
。(山口担当)
  WindowsOSをダウングレードする際に起きる問題。ダウングレード変更に管理者権限を要求されてイン
  ストール出来ないのが原因。
  KNOPPIX(LinuxOSのひとつ)でCD起動してフォーマットする。アクティブ起動できるようにすることがポ
  イントとなる。 あとはXPを再インストールして解決できた。

3件目 
  Windows7のPCで「システム修復ディスクとシステムイメージの作成」の相談
  (行武さん担当)
  時間はかかるが、作成は易しい部類の相談。7のPCをお持ちの方には作成をお勧めします。

4件目 
  Vistaから7へのアップグレードを希望されていたが、PC不調のため中断されていた。
  リカバリーをやり直すかどうかの診断も必要でした。

  (中嶋さん担当)

  リカバリーは必要ないと判断して、まるごとバックアップをしました。 次回は7にアップグレードする予定。

5件目 
  気が付かないうちに詐欺ソフトの「RegcleanPro」をインストールしてしまい、 (そのためかは不明?)さら
  にJtrimの起動画面に異常が発生するという相談

  (中嶋さん・山口担当)
  「RegcleanPro」のアンインストールはうまくいかない。Jtrimもアンインストールして再インストールをして
  も解決できない。システムの復元を使うことにした。ところが異常が発生する前の復元ポイントに遡れない
  事が判明。リカバリーしかないとの結論となった。
  Windows7(Vistaも?)の復元ポイントは作成された復元ポイントの回数で保存時期が決まるようです。
  (今後さらに情報を調査します)
  ソフトのインストール・アンインストールを何回も繰り返したり、Windowsupdate したりして復元ポイント
  を多く作成すると不調になるまえの復元ポイントを使ってシステムの復元ができなくなります。(XPでは3ヶ
  月前まで遡れました) この点は要注意です。早めの診断と対策が必要です。
  後日リカバリーして解決できたとの報告を頂きました。

6件目 
  PC起動時にパスワードを不要にしたら、毎回警告画面が出て困るという相談
  (角田さん・山口担当)
  短いパスワードだと別の警告画面がでるので、長いパスワードにして解決。

7件目 
  Windows8 Release Preview(RP)版をインストールしてあげたが、画面が黒くなって使えなくなったと
  の相談

  原因不明。再インストールして使ってもらうこととした。
  調査過程で内蔵CD/DVDドライブに故障が発生していることが判明した。
  BIOSの設定を変えて、USB接続のDVDドライブを使用した。

8件目 
  以前からしばしばシャットダウンができなくて、電源ボタンを押して強制終了されていました。最近になって
  起動後すぐにシャットダウンするという症状も発生したとの相談

  (山口担当)
  緊急を要するので、相談日前に個別に対応した。
  リカバリーが必須だが、なかなかうまくいかない。なんとかリカバリーできたが、「起動後すぐにシャットダウ
  ンする」という症状は改善しない。マザーボードなどのハードウェア障害が原因と診断した。
  電源ボタンを押しての強制終了を繰り返すとハードウェア障害になりやすい。
  早めにリカバリーなどの対策をとらなけれなりません。
  後日メーカーの修理にださずに新規にPCを購入されました。
      
三 Windows8が10月26日に発売と発表されました
  本年1月に「DeveloperPreview版」、6月に「ReleasePreview版」がだされていますので、これまで使
  用してきました。
  VistaがインストールされていたPCで使ってみましたが、起動・終了などの操作は格段に速くなっていま
  す。悪評だったセキュリティ上の警告も少なくなっています。従来通りのデスクトップ画面上で使う限りでは
  改善点も多く見られてまずまずのOSに仕上がってきていると思います。
  ですが、PC上級者や新しもの好きの方を除いては一般のPC利用者の方にはすぐに飛びつかないことを
  お薦めします。

  理由は以下のとおり
  ① インターフェイスが大幅に変わりました。
    スタート画面はタブレットPC向けに作られています。従来のデスクトップ画面はもう一つクリックしない
    とでてきません。 タブレット向けの画面とデスクトップ向けの画面の切替や、設定がコントロールパネ
    ルとPC設定の二通りになったことも慣れが必要です。
    ソフトのインストールもタブレット向けと従来のPC向けの二通りがあり、同じソフトでも2つを使い分ける
    必要が有る場合もあります。(Evernoto、Skydriveなど)要するに慣れるまではじめは大変でしょう。
    Windows7で従来通りの使用は十分出来ますので直ぐに飛びつく必要はありません。
    「タブレットに関心があまりない」もしくは「iPADなどの別のタブレットPCをお持ちの方」 はかえって煩
    わしいだけというばあいもあるでしょう。

  ② タブレットと従来のPCという2つ顔をもつOSですが、それに対応したハードウェァは変革の途上です。
    すくなくともここ1年は最終型を模索する動きが続くでしょう。それを見極めてからでも遅くありません。
    タブレットPCのOSやハードウェアは変化の激しい時期です。Windows8がそれにふさわしい
    OSになれるかはまだわかりません。
    タブレットはiPADやアンドロイド、従来のPCはWindowsOSで使うというのであればWindows7で十
    分という結論もあるでしょう。

  ③ 「新しいOSはバグやセキュリティ上の修正が必要ですから1年は使わない」という従来からの常識は今
    回も通用します。
    Vistaや7のPCをお持ちの方は現在のPCが使用不能にならないようにリカバリーディスクを作成してお
    くことを強くお薦めします。

以上を踏まえた上でWinodows8を楽しみたい方は「ReleasePreview版」を下記のサイトでダウンロードし
て今お使いのPCにインストールできますので、挑戦してみてください。
来年の1月31日まで使用できます。もちろん無料です。
 http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/release-preview?SignedIn=1

デュアルブートでもインストールできますが、セカンドマシーンもしくはべつのHDDにインストールして利用す
るのが無難でしょう。もとに戻すのにリカバリーディスクが必要ですから、注意してください。今月の2件目の相
談も参考にしてください。 

                                                  報告者 山口愼一郎
[PR]
by sin-yama49 | 2012-07-25 16:14 | PC再生メンテナンス相談会