<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Windows7のPCを 健康で長生きさせましょう
KSNC会員の 皆さん  山口愼一郎です。



“Windows7のPCを 健康で長生きさせましょう”

PC相談の特別企画
のお知らせです。



日時 8月9日(第2週 火曜日)プラザ (13:30-16:30)にて行います。

対象 Windows7のノートPCの所有者を対象 とします。
(今回はXP、VistaのPCの方は対象外です。次回に企画予定です。)

企画内容 

シ ステム修復ディスク、システムイメージの作成、リカバリー
ディスクの作成のお手伝いをします。



企画の趣旨

一般にPC購入から1-2年の内はPCの状態は良好ですが、使い続けるうちに
不調になっていきます。適切なメンテナンスをしていなければ尚更です。
相談コーナーでもWindows7のPCのシステムトラブルと思われる相談が持込まれ る
ようになりました。PCが健康 な内に将来のトラブルに備えてやっておくことを
下記に記しています。

先ず第一にシステム修復ディスクの作成です。

システムファイルに損傷が起きたときに修復をするため に使います。

健康なときのシステムを反映しますので、PC購 入後すぐにでも作成する
のがよいのです。Windows7の新機能ですから、XP,VistaのPCでは作 成できません。
作成枚数はDVD1枚です。なおWindows7のDVDが購入 時についていた方はその
DVDで修復できますので、作成不要です。

大手のメーカー製パソコンを購入してリカバリーディス クをお持ちの方でも
このシステム修復ディスクの作成が必要です。リカバリーとはOS、アプリケーション
を出荷状態に戻すもので、リカバリーをすると購入後新たにいれたアプリケーションや
設定などは消去されてしまいます。

第二にシステムイメージの作成です。

Cドライ ブ(Windowsのシステムファイルが入っているドライブ)のシステ ム、
アプリケーション、データを丸ごとバックアップして、将 来不調になったときに
そっくり復元するために使います。Windows7の新機能で、これまでは市販ソフト
(及び海外製フリーソフト)でしかできなかったものです。VistaではProfessional以上の
エディションでないとこの機能は付いていません。
7では全てのエディションについています。

第三にリカバリーディスクの作成です。

HDD(ハード ディスク・ドライブ)の物理的損傷などでWindowsが起動できないなどの
深刻なトラブルに見舞われたときに最後の救済手段はリ カバリーです。

近年殆どの大手パソコンメーカーはリカバリーディスク を購入者に渡さない販売方法を
取っています。マニュアル書に手順を記載し、ユーザー自らで作成する ことを薦めて
います。Windowsが起動できないときはHDDのリカバリー領域を利用できません。
DVDでリカ バリーディスクを作成しておかないとHDDの交換もできず、PCを廃棄する
ことになります。

そこでまずはシステム修復ディスクの作成のお手伝いを します。空のDVDが1枚あれば
できます。

以下は時間があれば操作を一緒にやりたいと思います。

まずシステムイメージの作成です。それには容量に余裕のあるDドライブもしくは
外付けHDDが必要です。

さらにリカバリーディスクの作成のお手伝いをします。

空のDVDが数枚必要です。購入の際に受け取ったマニュアル書(印刷物)をお持ちください。



締切 準備の都合もありますので、8月5日までにメールにてお申し込みください。

予定人員は10名程度です。

以下の書式にてお申し込みください。(返信の際はKSNCグループ宛ではなく山口個人宛に
してください)

<書式>  ①から⑥までの記入は必須です。

① お名前

② メーカー名

③ PCの機種名(モデル名)

④ 型番・型式(PCの裏のシールを参照のこと)

⑤ OS     Windows7(確認です)

⑥ DVDドライブ  書き込み可能か/否か(DVDマルチドライブか)

⑦ システムイメージ作成  済み  Or  していない

⑧ リカバリーディスク   有る  無し
[PR]
by sin-yama49 | 2011-07-28 11:25 | 講習会
「PC再生・メンテナンス相談コーナー」


d0291964_0305368.jpg



平成23年7月/
PC再生・メンテナンス相談コーナー報告


日 時  7月26日 13:30-16:00 
場 所  中央公民館 講座室 1 PCサロン内


一 予約は4件でした。
  最初はPC2台にOffice2010のインストールの依頼でした。
  時間はかかりましたが、見学者の助けも借りて無事に出来ました。
  さらにその内の1台はメモリの増設、もう1台はThunderbirdのインストールをしました。

二 つぎはVistaのPCが起動が遅いように感じるとのことでした。
  デスクトップ上にフォルダを置いてメモリを消費していたこと、ゴミファイルが溜まっていてそれを消去し、
  レジストリも掃除して大分速くなったと喜んでいただきました。

三 つぎはWindows7のPC。フリーズするとの相談でした。
  複数の重いソフトを立ち上げ、ファイルを開いてみても動きが軽い。とくに不調とは思えないという診断
  となりました。 健康状態なので安心されました。

四 最後にデスクトップ上のフォルダが不要になったのだが、消去できないとのお悩みでした。
  フォルダの属性にどこかで共有が働いているのが原因と推測できました。Windowsの操作では時間が
  かかりすぎるので、LinuxOSのひとつのKNOPPIXをCDで起動して解決しました。

見学者は3名。それぞれの分る範囲でサポートしていただいて珍しく相談を4時に終了しました。
ありがとうございました。

                                                  報告 山口愼一郎
[PR]
by sin-yama49 | 2011-07-27 13:14 | PC再生メンテナンス相談会
PC再生・メンテナンス相談コーナーの中間報告


d0291964_0252052.jpg



本年1月より月に1回やってきました
PC再生・メンテナンス相談コーナーの中間報告



一 はじめに
  1月より6回実施し、計24件(継続案件を含む)の相談をうけてきました。
  相談内容別の表を添付していますので、御覧ください。
  相談内容を大別すると以下のように分類できます。
   ① 日常のメンテナンス不足に起因するもの
   ② PCの間違った操作に起因するもの
   ③ PCを使い続けると必ず発生するもの
   ④ 深刻なトラブルでレスキューが必要なもの

  いずれもOSとハードウェアに関する知識を必要とします。
  けれども基礎講座レベルの知識と操作能力を発揮すれば解決が可能の場合が多いのです。

二 PCを廃棄処分にせざるを得なかったのが2件。PCの初期不良に起因するものが1件。
  それ以外は解決できました。
  (時間不足で次回に解決を持ち越した方で相談に来られなかった方を除く)
 
  1回に独りで対応できるのが3.3件。相談予約は増加傾向にありますので、対策が必要となっています。
  助手もしくはパートナーをやってくださる方を切望します。

三 当初予定していた古いPCの再生・レスキューの相談が4件ありました。
  その内2件は再生利用ができましたが、2件はBIOSが起動せず、廃棄処分となりました。利用せず放置さ
  れているPCの再生利用のために尽力したいと思っていますので、相談をお寄せください。

四 「PCのメンテナンス・レスキュー」の講座も開設する必要があるでしょう。
  基礎講座レベルの知識の確認とさらにハイレベルの知識・操作能力を養成する講座の開設を検討したい
  と思います。さらにPC相談コーナーの見学も歓迎します。ご自分のPCのメンテナンスに役立つ場合もある
  事と思います。

  最後に快く場所提供と機材の運搬をして頂いたPCサロンの井上貞夫様に深く御礼申し上げます。

                                                  報告 山口愼一郎 
[PR]
by sin-yama49 | 2011-07-06 16:47 | PC再生メンテナンス相談会