カテゴリ:メンテナンス事例報告( 6 )
リカバリすべきだったのだが・・・
d0291964_1759233.jpg





リカバリすべきだったのだが・・・


平成23年2月の相談です。

緊急にみてほしいとのことでした。

とにかく異常に遅い。起動が遅い。なんの操作をしても遅い。

はじめはウイルスでも入っているのかと思いました。

ともかく常道を踏んでディスククリーンアップとレジストリクリーンを行いました。
空き容量が10GBぐらい増えました。少し速くなりました。
この作業だけで1時間以上かかりました。

あまりに時間がかかるのでデフラグの実行もできません。

GOM Playerをアンインストールしました。このソフトのインストールの際にスパイウェアソフト
が入り込むとの情報がネット上で散見されるので。

VistaのPCでCPUがCeleron 575(2GHz)なのでそれほど速く動くPCではないのですが、
それにしても遅い。

時間不足でさらに踏み込む事ができませんでした。

まずはアンチスパイウェアソフトで検査することです。


今になって思うのはリカバリすべきだったということです。

PCが重いというのにも様々な段階があって、このPCの場合はリカバリするのが最善だったと思うのです、











[PR]
by sin-yama49 | 2014-03-24 07:55 | メンテナンス事例報告
「キー」という高い音が出る
d0291964_1759233.jpg






「キー」という高い音が出る


23年4月の相談です。

勉強会で電源を入れた途端に「キー」という高い音がでてびっくりしました。その前に動画を見るため
にスピーカーのボリュームを少しあげていたので、音がはっきり聞こえたようです。
メーカーに連絡すると初期設定(リカバリ)をするように言われました。」
との相談です。

ボリュームの設定、デバイスドライバの確認をしましたが、異常は見当たりません。
「システムの復元」も実行しましたが、問題を解消できません。

保証期間内なのでメーカーに修理を依頼することをアドバイスしました。

メーカーでは初期設定(リカバリ)をして問題を解決したようです。

一見ハードウェアの異常の問題と思えるのに、OSのリカバリで問題が解決できる?
こういうことがあるのです。

つい最近も音が出ないPCをメーカー修理に出した(保証期間内だった)ところOSのリカバリで問題を
解決しましたといって直してきました。
何故?
「システムの不具合で音が出ない現象が起きていました」との説明でした。
こういうことがあるのです。

                         文責;山口愼一郎











[PR]
by sin-yama49 | 2014-03-19 22:17 | メンテナンス事例報告
Windows Me のPCをXPにアップグレードしたい
d0291964_1759233.jpg





Windows Me のPCをXPにアップグレードしたい

平成23年4月の相談です。

サブ機として使っておられるPCです。

「20GBしかないので、不要なデータを削除してディスクの容量不足をカバーしたい」
との依頼です。


調べてみるとシステムの復元のためのデータが10GBもあります。
Windows Me(なんと懐かしいOSです)は期間の制限もなくシステムの復元のためのデ
ータを貯めこむ仕組みだったんですね。(おそらくユーザーが設定して期間制限でき
る仕組みだったのではないかと思いますが、それを知るユーザーはわずかでしょう。
XPは3ヶ月に限っています。)

このシステムの復元のためのデータを削除して空き容量を確保しました。

「XPにグレードアップしたい」とのご要望は残念ながら実現不可能です。CPUがAMD
Duron 700MHzなので、XPにアップグレードしてもまともに動きません。

そこで、Meを残したままPuppy Linux4.3.1(Linuxのひとつ)をインストールして切
り替えて使う(デュアルブートといいます)ことを提案
して了解を得ました。

Puppy Linuxは軽量のOSでわずか100MBのなかにシステムファイルとアプリケーション
ソフトが入っています。
このMeのマシーンでもサクサク動きます。
インターネット、メール、文書作成なら充分実用的なスピードで使えるのです。
Meも残しましたので、Meでないとできない操作のみ使われることをお薦めしました。

メインのPCが故障した時にインターネット接続などで使いたいとのご要望でしたから
、これで十分な対応策になったと喜んで頂きました。

今はWindows XPがまもなくサポート終了でそのままではインターネットに繋いでの利
用が危険な状態に移行しつつあります。
その対策には同じ手法が通用するでしょうから、その意味で先駆的な事例
となりました。


文責:山口愼一郎











[PR]
by sin-yama49 | 2014-03-18 09:02 | メンテナンス事例報告
よくフリーズする、起動が遅い
d0291964_1759233.jpg





よくフリーズする、起動が遅い


平成23年4月の相談です。

日頃から非常に多い相談です。

この問題への対応策は難しい。
というのはハードウェアの条件(CPU、メモリ)、OSが何か、起動時から常駐しているソフト、
ファイル・ソフトの同時立ちあげの数
などがすべて影響する
からです。

このPCはCore 2 Duo P8700 のCPUで4GBのメモリを積んでいました。
OSはWindows 7(Vistaをアップグレードしたもの)です。
ハードの条件に適合したOSですから、フリーズをたびたび起こすものではありません。

実際にソフトを幾つか立ちあげて操作してもフリーズしません。

起動時から常駐しているソフトが何かを調査しませんでした。
この頃はまだ自信がなかったのです。(相談者が多くて時間がなかったのもあります)
「Glary Utillities」(フリーソフト)をインストールして自動起動ソフトの無効化を慎重にやるように
お薦めしました。(付き添ってこられたご主人がPCをに詳しい人でしたから)
いまならスタートから「msconfig」と入力して「システム構成ユーティリティ」を立ちあげていくつか
の不要ソフトを無効化する操作
をしてあげたところです。

よくフリーズする原因として一番多いのはメモリを食うソフト(ワード、画像ソフト)を同時に立ちあげ、
画像のファイルを幾つも開いて操作を行った場合です。

その仕組の説明をして今後操作に気をつけてもらうことにしました。

画像ファイルを外付けHDDに移しておられていて、外付けHDDを取り付けたまま起動時されていま
した。その操作は起動を遅くするのでやめて、起動後に取り付けることをアドバイスしました。起動時
にPCが外付けHDDのデータの読み込みをするからです。

劇的な改善策の難しい案件でした。

                                        文責:山口愼一郎










[PR]
by sin-yama49 | 2014-03-17 10:19 | メンテナンス事例報告
Dドライブに勝手にファイルが保存されてDドライブの容量が一杯になってしまう
d0291964_1759233.jpg





Dドライブに勝手にファイルが保存されてDドライブの容量が一杯になってしまう


平成23年2月の2件目の相談です。

「何故かすぐにDドライブの容量が一杯になってしまうのです。
 外付けハードディスクに移すのですが、それでもまた容量が一杯になってしまいます。
どうしたらよいのでしょうか」


 確かにDドライブは空き容量が10%以下になっていました。
15%以下になるとデフラグもできなくなるので、放置できません。

 Dドライブには「WindowsImageBackup」フォルダができていて、他にも様々なフォルダがありました。
「WindowsImageBackup」を右クリックしてプロパティでみても0バイトと表示されるのでこのフォルダの
容量がわかりません。この頃の私は「WindowsImageBackup」フォルダの容量を調べる方法がわかって
いませんでした。他のフォルダの容量を調べて、Dドライブ全体の容量から差し引きすればわかるのですが、
それも結構面倒でした。

 「WindowsImageBackup」フォルダの容量が大きいのは見当がつきました。
このフォルダはWindows7の機能を使ってバックアップをとったときに作成されるものです。圧縮してバック
アップファイルを作成しています。
そこでバックアップの設定内容をみてみました。

 Dドライブにバックアップファイルが作成されるように設定されています。
月1回19:00に自動でバックアップが開始される設定です。(Windows7の初期設定のようです)
その時間帯にPCがいつも起動されていて、自動バックアップが始まっていたと思われます。ご本人はバック
アップについて知識がないので手動ではバックアップをされていないのです。
 「幽霊の正体見たり枯れ尾花」でした。

 外付けハードディスクをバックアップの保存先に変更しました。
これで外付けハードディスクを接続しない限り自動バックアップは始まりません。

 一件落着です。

                                         文責:山口愼一郎












[PR]
by sin-yama49 | 2014-03-15 09:48 | メンテナンス事例報告
メモリを増設したあとで画面が真っ黒??
d0291964_1759233.jpg





メモリを増設したあとで画面が真っ黒??

平成23年2月のPC相談でのことです。

WindowsXPのマシーンを長年使っておられて愛着を持っておられました。
「PCの動きが重い」との相談です。
メンテナンスをなにもしないで使っておられたので、ディスククリーンアップなどをして起動が少し早くなる
ようにしました。さらに良くするにはメモリの増設(384MBなので)が有効なので、依頼を受けて896MBに
しました。

ところが、翌日に連絡があって、画面が真っ黒で動かないという知らせがありました。
「えー」という感じです。

何が起きたのだろう??


心中は穏やかではありません。
メモリを増設してPCが壊れる? ありえない! でもどうして?

電源ランプはつきます。
電源系統の故障かな?それだとノートPCでは致命傷となるけど

起動音のような音がします。でも画面は真っ黒。

しばらく真っ黒な画面を眺めているとうっすらと白いものが見えます。
よくみると画面のような気がします。

これはもしかして!

持ち帰ってモニターに繋いでみました。
起動した画面がモニターに写っているのです。!!

液晶のバックライトもしくはインバーターの故障です。

専門業者に任せるしかありません。

愛着があるので直して欲しいとのことなので、値段を問い合わせて業者に依頼しました。

直ってきたので大変喜ばれました。


診断ミスをしないでホッとした案件です。
初期の頃はこんな思いを何度したことでしょうか。

                                文責:山口愼一郎












[PR]
by sin-yama49 | 2014-03-13 18:13 | メンテナンス事例報告