Windows Me のPCをXPにアップグレードしたい
d0291964_1759233.jpg





Windows Me のPCをXPにアップグレードしたい

平成23年4月の相談です。

サブ機として使っておられるPCです。

「20GBしかないので、不要なデータを削除してディスクの容量不足をカバーしたい」
との依頼です。


調べてみるとシステムの復元のためのデータが10GBもあります。
Windows Me(なんと懐かしいOSです)は期間の制限もなくシステムの復元のためのデ
ータを貯めこむ仕組みだったんですね。(おそらくユーザーが設定して期間制限でき
る仕組みだったのではないかと思いますが、それを知るユーザーはわずかでしょう。
XPは3ヶ月に限っています。)

このシステムの復元のためのデータを削除して空き容量を確保しました。

「XPにグレードアップしたい」とのご要望は残念ながら実現不可能です。CPUがAMD
Duron 700MHzなので、XPにアップグレードしてもまともに動きません。

そこで、Meを残したままPuppy Linux4.3.1(Linuxのひとつ)をインストールして切
り替えて使う(デュアルブートといいます)ことを提案
して了解を得ました。

Puppy Linuxは軽量のOSでわずか100MBのなかにシステムファイルとアプリケーション
ソフトが入っています。
このMeのマシーンでもサクサク動きます。
インターネット、メール、文書作成なら充分実用的なスピードで使えるのです。
Meも残しましたので、Meでないとできない操作のみ使われることをお薦めしました。

メインのPCが故障した時にインターネット接続などで使いたいとのご要望でしたから
、これで十分な対応策になったと喜んで頂きました。

今はWindows XPがまもなくサポート終了でそのままではインターネットに繋いでの利
用が危険な状態に移行しつつあります。
その対策には同じ手法が通用するでしょうから、その意味で先駆的な事例
となりました。


文責:山口愼一郎











[PR]
by sin-yama49 | 2014-03-18 09:02 | メンテナンス事例報告


<< 「キー」という高い音が出る 平成26年2月の「PC再生・メ... >>