Dドライブに勝手にファイルが保存されてDドライブの容量が一杯になってしまう
d0291964_1759233.jpg





Dドライブに勝手にファイルが保存されてDドライブの容量が一杯になってしまう


平成23年2月の2件目の相談です。

「何故かすぐにDドライブの容量が一杯になってしまうのです。
 外付けハードディスクに移すのですが、それでもまた容量が一杯になってしまいます。
どうしたらよいのでしょうか」


 確かにDドライブは空き容量が10%以下になっていました。
15%以下になるとデフラグもできなくなるので、放置できません。

 Dドライブには「WindowsImageBackup」フォルダができていて、他にも様々なフォルダがありました。
「WindowsImageBackup」を右クリックしてプロパティでみても0バイトと表示されるのでこのフォルダの
容量がわかりません。この頃の私は「WindowsImageBackup」フォルダの容量を調べる方法がわかって
いませんでした。他のフォルダの容量を調べて、Dドライブ全体の容量から差し引きすればわかるのですが、
それも結構面倒でした。

 「WindowsImageBackup」フォルダの容量が大きいのは見当がつきました。
このフォルダはWindows7の機能を使ってバックアップをとったときに作成されるものです。圧縮してバック
アップファイルを作成しています。
そこでバックアップの設定内容をみてみました。

 Dドライブにバックアップファイルが作成されるように設定されています。
月1回19:00に自動でバックアップが開始される設定です。(Windows7の初期設定のようです)
その時間帯にPCがいつも起動されていて、自動バックアップが始まっていたと思われます。ご本人はバック
アップについて知識がないので手動ではバックアップをされていないのです。
 「幽霊の正体見たり枯れ尾花」でした。

 外付けハードディスクをバックアップの保存先に変更しました。
これで外付けハードディスクを接続しない限り自動バックアップは始まりません。

 一件落着です。

                                         文責:山口愼一郎












[PR]
by sin-yama49 | 2014-03-15 09:48 | メンテナンス事例報告


<< よくフリーズする、起動が遅い メモリを増設したあとで画面が真... >>