人気ブログランキング |
メモリを増設したあとで画面が真っ黒??
d0291964_1759233.jpg





メモリを増設したあとで画面が真っ黒??

平成23年2月のPC相談でのことです。

WindowsXPのマシーンを長年使っておられて愛着を持っておられました。
「PCの動きが重い」との相談です。
メンテナンスをなにもしないで使っておられたので、ディスククリーンアップなどをして起動が少し早くなる
ようにしました。さらに良くするにはメモリの増設(384MBなので)が有効なので、依頼を受けて896MBに
しました。

ところが、翌日に連絡があって、画面が真っ黒で動かないという知らせがありました。
「えー」という感じです。

何が起きたのだろう??


心中は穏やかではありません。
メモリを増設してPCが壊れる? ありえない! でもどうして?

電源ランプはつきます。
電源系統の故障かな?それだとノートPCでは致命傷となるけど

起動音のような音がします。でも画面は真っ黒。

しばらく真っ黒な画面を眺めているとうっすらと白いものが見えます。
よくみると画面のような気がします。

これはもしかして!

持ち帰ってモニターに繋いでみました。
起動した画面がモニターに写っているのです。!!

液晶のバックライトもしくはインバーターの故障です。

専門業者に任せるしかありません。

愛着があるので直して欲しいとのことなので、値段を問い合わせて業者に依頼しました。

直ってきたので大変喜ばれました。


診断ミスをしないでホッとした案件です。
初期の頃はこんな思いを何度したことでしょうか。

                                文責:山口愼一郎












by sin-yama49 | 2014-03-13 18:13 | メンテナンス事例報告


<< Dドライブに勝手にファイルが保... 「PC相談友の会」第2期勉強会の発足 >>