XPサポート終了対策(1)


d0291964_1841557.jpg






XPサポート終了対策(1)
                                        文責: 山口愼一郎


本日突然デスクトップ上に「XPのサポートが終了します」とのお知らせが出てきま
した。「今後表示しない」にチェックをいれておきました。

4月8日にサポートが終了することはわたしには周知のことです。
問題は対策です。

買い換えるのならなんの問題もありません。

機械に異常がないのなら、OSを変更して使い続けることができないか、これが
本日の主題です。


まず検討すべきはWindows 7 や 8にアップグレードできないか。

おおまかに言ってPCの購入時期との関係があります。
2007年以前のPCは7や8へのアップグレードは無理でしょう。
メーカーサポートがないので、デバイスドライバの更新ができないケースが多いか
らです。音が聞こえなくても、画像が荒くてもよいというのでしたらできるかもし
れません。その場合でもCeleronのCPUでは動作が遅すぎて使いものにならない場合
も考えられます。

2007年はご存知Windows Vistaが発売された時期です。このOSをスムーズに動かす
ためにハードウェア性能の向上がありました。CPUが「Core 2 Duo」搭載になり、
それに適合するようにデバイスがレベルアップしました。ですからこの時期以降に
購入されたPCならXPのマシーンでも7や8にアップグレードすることは可能です。
それでも個別のPCでは例えばオーディオデバイスがなくて音が出ないといったトラ
ブルはありえます。メーカーのサポートはないので自分で解決しなければなりません。


Windows7の場合は経済的な問題があります。
現在店頭ではWindows7のアップグレード版は在庫がありません。ネット販売でも一
社しか扱っていません。(すでになくなっているかもしれません)先月の20日頃の
情報では36,000円の高値になっていました。マイクロソフトが店頭から回収したた
めです。

Windows8の場合は12,000円ぐらいで購入できます。
ですがXP愛用者にはインターフェースが違いすぎて戸惑いが大きいでしょう。
なによりアップグレードしてみないと使えるかどうかわからないというリスクがあります。


では使い続ける方法はないのでしょうか。
あります。
LinuxというフリーのOSを使えばよいのです。

これについては(2)で詳しくご紹介します。

          












[PR]
by sin-yama49 | 2014-03-09 12:07 | 最新の話題


<< XPサポート終了対策(2) PC相談を始めた日の思い出 >>