人気ブログランキング |
第9回 PC相談チーム勉強会 報告


d0291964_08354.jpg




第9回 PC相談チーム勉強会 報告

日  時 2013年7月10日(水)13:30-16:00
場  所 喜平図書館 第1集会室
参加者 6名(講師を含む)
見学者 1名
講  師 山口慎一郎




一 Puppy Linuxを学ぶ目的
    ① Windows XPのPCを再生させる有力手段
    ② 軽量のOSなので、操作が簡単で扱いやすい。パーティション操作なども気楽に練習できる

ニ Linuxとは その歴史 基本用語
    1 コンピュータの黎明期から存在しているUNIXを改良してPC用に作られたもの
      サーバーの分野では評価が高い。
      スーパーコンピュータのOSもLinuxを改良して使われている。
      デスクトップPCでもGUIを採用して、使いやすいOSに仕上がっている。
    2 フリーソフト運動と助けあいながら発展したものなので、
      「ソフト(OSも含む)プログラムは公開されて、自由に利用されるべきもの」という精神
    3 商業利用も認めた(この点が画期的)
    4 Windows OSやMac OSと異なり
      Linuxではカーネル(OSの核となるソフト)と周辺部分のソフトを組み合わせてOSを作る
      これをディストリビューションと呼ぶ。世界中で公開され、有名なもので100週類はある。
    5 Puppy Linuxもこのディストリビューションの一つ。

三 Puppy Linuxの歴史、特徴
    1 オーストラリアの Barry Kauler によって開発された。
      2003年に初公開。日本語版は2007年。
    2 日本語版では3バージョンある(英語版では4バージョン)
      Puppy Linux 431JP2012
      Wary Puppy 5.1.1
      Rucid Puppy 5.2.8
    3 OSの容量が100MB-120MBと小さい(軽量Linuxの代表格)
      起動、操作が軽くて、速い
      古いPCでも動く

四 CD起動での実習を行った
   

  今日の講義は、記憶力の減退を意識せざるを得ない状況にある者(私)にとっては
  頭がフリーズしてしまいそうな内容であった。

  Linux GUIを採用 ディストリビューション、
  カーネル OSの核となるソフト Barry Kauler
  Puppy Linux 431JP2012、 Wary Puppy 5.1.1 Rucid Puppy 5.2.8 etc ・・・ 

  この歳になって、錆び付きつつある頭で Linux のお勉強が始まる ・・・




                                          報告者:中嶋 幹忠







     
by sin-yama49 | 2013-08-07 10:27 | PC相談チーム勉強会


<< 詐欺ソフトの追加情報   ... 平成25年7月/PC再生・メン... >>