第6回 PC相談チーム勉強会 報告


d0291964_08354.jpg




第6回 PC相談チーム勉強会 報告

日  時 2013年3月13日(水)13:30-16:00
場  所 喜平図書館 第一集会室
参加者 7名(講師を含む)
見学者 1名
講  師 山口慎一郎


勉強内容

一 フリーソフト CCleaner の使い方
 1 各自のPCにインストール
 2 ソフトの使い方、注意点の説明
 3 実作業

ニ フリーソフト Crystal Disk Info の使い方
 1 各自のPCにインストール
 2 ソフトの使い方、注意点の説明
 3 実作業


フリーソフトを使っての実習。

一 まずは CCleaner というソフトでレジストリの保守。

  長い間使い続けているとPCもゴミがたまってくる。
  PCのゴミとはゴミ箱の中にたまるだけではない。
  人間でいうと典型的なのが贅肉、体脂肪、コレステロール・・・
  そういえばかくいう私も高脂血症で薬を飲んでいる・・・話がそれた。
  CCleaner はPCにたまったゴミ、垢、老廃物をいとも簡単に除去してくれるのだ。 まずは自分のPCの解
  析をする。人間でいうとCTスキャンとかの類の検査だ。 「解析結果出ましたか」 山口講師の問いに

   A氏 「◎◎◎Mb」
   B氏 「○○○Mb」
   C氏 「△△△Mb」
       ・
       ・
       ・
   私は 「×××Gb・・・」

  贅肉、体脂肪、コレステロール・・・断トツ一番、それもGb、桁が違う。ほかの人はMbだ。
 「なんでも一番になれ・・・」 子供のころの親に云われた。
 オヤジ褒めてくれるかな・・・(この歳になってトホホである)


ニ Crystal Disk Info というソフトを使っての作業。
 
  PCの体温測定と各部位に異常がないかの検査である。

  コンピュータはハードに使えば使うほど発熱する。いわば知恵熱である。ところが熱に弱く
  フリーズの原因になる。最悪の場合にはHDDがクラッシュする。 特にノートPCは構造上熱を発散させる
  のが難しい。 時々バッテリーのあたりを触ってみるとわかる。人間の体温よりちょっと高い程度までなら正
  常。それ以上だと要注意。熱冷シートなどで冷やす。人間と同じである。

   この検査をすると
   健康状態「正常」
   温度「33°C」

  などと人間の健康診断もどきの表示だ。

  そのほかベンチマークテストなどもしてくれる。

  私もこの検査を受けたい、などと呑気なことを考えていると
   「勝手の分かっている自分のPCだから気楽に作業しているが、相談を受けた他人様のPCを扱う場合に
  は充分注意し、慎重にしないといけない。 5回でも6回でも繰り返し復習すること」 と、山口講師の厳しい
  一言が、首をすくめた頭の上を通過して行った・・・。



 
                                          報告者:中嶋 幹忠

 





     
[PR]
by sin-yama49 | 2013-03-20 14:06 | PC相談チーム勉強会


<< 勉強会のDVDビデオを販売いた... 第5回「PC相談チーム友の会」... >>