「PC再生・メンテナンス相談コーナー」


d0291964_0183116.jpg



平成24年2月/
PC再生・メンテナンス相談コーナー報告


日 時  2月28日 13:30-16:00 
場 所  中央公民館 学習室 4 PCサロン内


一 先月持ち帰った案件は2件。 どちらもリカバリーを必要とする案件でした。
   1件はリカバリーディスクも作成されていなかったので、HDDのリカバリー領域からリカバリーをして、
   そののちリカバリーディスクを作成した。 どちらもリカバリーをして2月半ばまでに引き渡しました。

二 今月の新規案件は7件、継続案件が2件でした。
  案件数が増え、しかも難しい案件が多く、果たしてこなせるか心配でした。

1件目 
  「電源は入るが、画面は真っ黒。HDDの異常を知らせる文字が出ている」 という相談
  BIOSは起動しているので、HDDのクラッシュでシステムファイルが損傷していると思われる。しかし、
  HDDが簡単に取り出せる構造にしてない。 Puppy LinuxをCD起動すると正常に動作していることが
  確認できた。 HDDの交換ができるか。リカバリーディスクが作成されていないので、購入ができるか。
  問題が多いので、持ち帰って調べることにした。

2件目 
  継続案件。「ときどきシャットダウンができなくなり、電源ボタンで強制終了している」との相談
  先月は常駐ソフトを5つ外して様子を見てもらった。2週間ぐらいは正常。その後また始まったとのこと。
  MSのサイトで類似のトラブルで解決策が出されていた。しかしこの方法はリスクが大きい。最後の手段と
  して残して一旦は回避することとした。 調べると、外した常駐ソフトの一つがまたもや常駐になっている。
  それを停止した。相談時間の不足でここまでにした。

3件目 
  「PCが起動しない。データだけでも取り出したい」との相談
  Windows3.1で動くPCなので、懐かしい。しかし、本格的に取り組むにはとても難しい。
  最新PCに仮想化ソフト(ViortualBox)をインストールして、さらにWindows3.1をインストールする。
  そしてFDDに保存されているデータを読み込ませる。
  この手順をお知らせした。相当PCレベルが高くないと自力ではできない。
  されど相談者は取り組む意欲でおられるので、今後の経過をみてアドバイスすることにした。

4件目 
  「起動時、終了時に異常を知らせるエラーメッセージが出る。動作も遅い」 との相談
  HDDは無事らしい(持ち帰り後のHDD検査でも正常と確認された)
  レジストリの掃除をして、動作はだいぶ速くなった。後はシステムの復元で直るかどうか。
  リカバリーが最善と判断したので、持ち帰りとした。 特殊仕様でリカバリーディスクも購入時について
  おらず、HDDにリカバリー領域もない。再生がとても難しい。

5件目 
  「動作が遅い」との相談
  (行武さんにサポートして頂いた)
  まずメンテナンス。レジストリの掃除、デフラグ、不要な常駐ソフトの停止以上で動作は速くなった。
  (ディスククリーンアップは相談者に自宅でやってもらう)

6件目 
  「外付けHDDが認識されない。不良品か調べてほしい」との相談
  (行武さんの担当)
  検査の結果不良品の可能性大との結論となった。
  (後日別の検査の必要に気づいた)

7件目 
  「PCが全く起動しない。データを取り出して欲しい」との相談
  (中嶋さんに担当してもらった)
  なんとすぐに起動した。自動修復されていた。魔法にかかったように。
  (理由は不明。稀に起こる。過去2件経験あり)
  事前に周到な下調べをした中嶋さんはご苦労様でした。
  念のためにデータのバックアップを取っておいた。

8件目 
  「ファンが正常に作動しないとのエラーメッセージがでた。メーカーに連絡すると修理に出してください
  (有償修理)との回答。診断してほしい」との相談

  (中嶋さん担当)
  動作させてみるが、エラーメッセージがでない。再現性の低いケースと判断。
  おそらくCPUをパワー全開で長時間使わないとエラーメッセージはでないと思われる。有償修理はいつで
  もできるので、しばらく様子見でよいと診断した。

9件目 
  継続相談。「リカバリーディスクの作成。外付けHDDのフォーマットの依頼」
  (角田さんに担当してもらった)
  作成ソフトが「リカバリーディスク領域を認識できない」というエラーメッセージをだすので、リカバリー
  ディスクが作成できない。リカバリー領域を利用してリカバリーをしたのちでないとディスクの作成ができな
  い。とりあえず作成しないこととした。

三 リカバリーディスクを作成されていないケースが非常に多い。
  今後Vista、7のPCの再生の相談が持ち込まれるようになると思われる。マニュアルに書いてあるので、
  リカバリーディスクの作成作業は敷居は高くないと思われる。将来のトラブル発生に備えて作成しておい
  てもらいたいと思います。
  このところ持ち帰らざるを得ない案件が増えてきました。短い相談時間ではとても解決できないのです。
  案件数が多いと時間に追われて十分な相談にならないケースも出てきます。
  さりとて予約締切ばかりでは相談も出来なくなってしまうので悩みです。
  相談される会員の皆様には事情をご理解ください。

  サポーターになってもよいという方はぜひともご参加ください。
  最初から難しい案件をお願いするわけではありませんから、まずは見学して様子を見てください。技術レベ
  ルアップの勉強会もやります。(2回開催)
  よろしくお願いします。

                                                  報告者 山口愼一郎
[PR]
by sin-yama49 | 2012-02-29 14:43 | PC再生メンテナンス相談会


<< 「PC再生・メンテナンス相談コ... Windows7へのアップグレ... >>