「PC再生・メンテナンス相談コーナー」


d0291964_0204474.jpg



平成23年12月/
PC再生・メンテナンス相談コーナー報告


日 時  12月20日 13:30-16:00 
場 所  中央公民館 学習室 4 PCサロン内

一 今月の新規予約は3件、継続相談が1件、PC引渡しが1件でした。
  場所確保の関係で通常の第4週ではなく、第3週(火)が相談日となりました。そのためサポーター2名の
  方の都合がつかず、相談者1名の方は次回に延期して頂きました。(この相談は長時間のサポートが
  必要でしたから)

二 相談内容 
1件目 
  「突然インターネットが繋がらなくなった」との相談でした。
  ネットの接続口がカードタイプです。一度抜いて差し込み直すと繋がりました。ご自分でも何回もカードの
  差し込み直しをされたのに改善されなかったとのことでした。カードの差し込みはやや強めにしないとPCが
  認識してくれないことがあります。そのケースだったのでしょうか。

2件目 
  「操作中画面が真っ黒になり、PC店で見てもらったところダメだと言われて、諦めていた。
  ある日突然起動できるようになったのだが、ソフトやデータのファイルが無くなった」との相談です。
  システムファイルの損傷が起きているためソフトやデータが読み込めません。起動できるようになった直後
  ならデータの復旧ができたかもしれません。上書きすると困難です。システムの復元でも効果がありませ
  んので、リカバリーをするしか方法がありません。
  幸いリカバリーをするためのソフトやシステムファイルは正常に動いていますので、まずはリカバリーディ
  スクの作成です。これは時間がかかりますので、次回にリカバリーの実行となりました。

3件目 
  HDDの物理的損傷で起動できなくなったPCの再生案件です。
  前回からの継続案件です。リカバリーディスクが作成されていなかったためリカバリーも出来ません。
  そこで無料の Linux OS の一つで Puppy Linux をインストールして再生させて使うこととなりました。
  メモリが256MBしかありませんが、それでも以前よりずっと速くなったとご機嫌でした。すぐ使えるソフトが
  50種類ぐらい入っていますから、インターネット利用や文書作成の用途であれば十分使用ができます。

4件目 
  メモリの交換の相談です。(中嶋さんに交換をして頂きました)
  VistaのPCでは1GBのメモリでは動きが悪いのは当然です。4GB(2GBが2個)に増設する予定でした 
  が、不良品が1個見つかりましたので、次回までに返品・交換することとなりました。

5件目 
  「VistaのPCで動きが悪い」との相談です。(中嶋さんとの共同です)
  4件目と同じく1GBのメモリなので動きが悪いのです。PCを新規に購入するときに搭載メモリを増やしてお
  くことをお勧めします。その時は必要でなくても1-2年もすればメモリ増設の効果が出てきます。
  メモリの値段は安いですし、幾ら搭載すればよいかという判断は誰でもできるわけではありません。
  私は10年以上前から必ずメモリを増設してしてPCを購入してきました。
  この他に動きの悪い原因は①VistaというOS故 ②不要な自動起動ソフト ③ゴミファイルが溜まっている
  ④レジストリが肥大化している ⑤ファイルの断片化 などの複合要因です。
  ひとつひとつ対策をとることで動きが良くなっていきます。

三 月に1回のPC相談ですが、年間で61件の相談を受けました。
  時間の制約もあり、技術不足もあり、全てがすっきり解決できたわけではありません。持ち帰って再生した
  PCもかなりありました。
  半年前ぐらいからサポートして頂く仲間が増えてきて扱える件数も増えてきました。
  診断・修理の技術を高めてさらにお役に立てればと願っています。


  来年もどうかよろしくお願いいたします。 

                                                  報告者 山口愼一郎
[PR]
by sin-yama49 | 2011-12-21 14:12 | PC再生メンテナンス相談会


<< Vistaのサポート切れ対策講習会 「PC再生・メンテナンス相談コ... >>